『仙台市電保存館』の【 内容・見どころ・料金・アクセス方法 】

『仙台市電保存館』の【 概要・見どころ・料金・アクセス方法 】についてまとめました。

  ミュージアム概要

大正15年(1926年)に営業は始まり、最盛期の昭和30年代を経て、昭和51年に運転を終えるまでの 仙台市電の歴史をふりかえることができる資料館です。

館内には〈1号車 モハⅠ型〉〈123号車 モハ100型〉〈415号車 モハ400型〉の鉄道車両のほか、各種鉄道部品を展示。

市電が走る街並みをイメージした電車模型もあります。

  仙台市電が保存展示されている!

  仙台市電の資料・展示が多数!

 ここがおすすめ!

 かつて仙台市内を走っていた車両が丁寧に保存されている資料館です!

広告


 インフォメーション

【 所在地 】仙台市太白区富沢字中河原2-1 地下鉄富沢車両基地内
【 アクセス 】地下鉄富沢駅東1出口から徒歩15分 ※地図はこちら
【 開館時間 】10:00〜16:00
【 休館日 】月曜(祝日の場合は翌日が休館)・祝日の翌日・年末年始 / また冬季(12/1〜3/19)は土日祝日を除いて休館ですのでご注意ください
【 料金 】無料
【 ホームページ 】仙台市電保存館ホームページ
【 駐車場 】市電保存館用駐車場3台あり

※ 情報は記事更新日現在のものです。ご利用の際は最新の情報をご確認ください。

-レトロな列車, 車両展示, 東北地方