『井笠鉄道記念館』の【 概要・見どころ・アクセス方法 】

『井笠鉄道記念館』の【 概要・見どころ・料金・アクセス方法 】についてまとめました。

  施設概要

1913年(大正2年)に開通し1971年(昭和46年)に廃線となった岡山・井笠鉄道の記念館です。

大正2年に建築された新山駅の駅舎をそのまま活用したレトロな記念館で、館内には機関車備品や写真展示があります。

また、屋外展示のドイツ・コッペル社の蒸気機関車は必見です!

  井笠鉄道の歴史を伝えるレトロな駅舎!

  コッペル社のSLも見逃せない!

 ここがおすすめ!

 井笠鉄道のレトロな駅舎はどこか懐かしい日本の面影を感じることができます。

   ドイツ・コッペル社の蒸気機関車が大切に丁寧に保存されています。内部も丁寧に保存されレトロで美しい車両・客車です。

広告


 インフォメーション

【 所在地 】岡山県笠岡市山口1457-8
【 アクセス 】井笠バス 笠岡〜矢掛線『新山』から徒歩4分 ほか
※ 駐車場は5台分あり

【 開館時間 】9:00〜17:00
【 休館日 】月曜日(祝日の場合は翌日が休館)・年末年始
【 料金 】5台
【 ホームページ 】井笠鉄道記念館ホームページ
※ 情報は記事更新日現在のものです。ご利用の際は最新の情報をご確認ください。

-レトロな列車, 歴史資料, 蒸気機関車, レトロ駅舎, 車両展示